希望を持つこと

無事に看護学校を卒業して立派な看護師になるための一歩として、待遇の良い病院に入職できるように就活に励んでいる方がおられるでしょう。自分にとっての一生居続けたくなるような病院選びというのは、あたかも患者が自分の病気やけがをちゃんと看てくれる病院を選んでいるような気持ちと重なる部分があると思うのです。それだけに悩みに悩み見抜いて第一志望の病院を選ぶことは並大抵なことではないのです。自分が理想とする病院で働くことは、ひいては患者にとって心が安らぐような看護師として信頼されなければいけないということとなるのです。このようにして就活に励んでいくことは、自分のみならず病院に訪れる多くの方の想いや期待に応えられるように看護師としての自覚を携えていくべきなのであり、その自覚なくして本当の意味での看護師としての根本を形成していくことができないと思うのです。

一昔前までは看護の仕事をする方は女性が大半を占めていましたが、看護に携わる方の職業名が看護師として一般的になった情勢から、男性が看護の仕事に就くことが珍しくない時代となりました。男性看護師の求人が増えています。故に、男性であっても看護師になるための就活にいそしんでいることもよく見られるようになり、男性が女性の職場だとされてきた看護の社会に飛び込んでいく姿勢というものは、まるで未知なる領域に踏み込んでいくパイオニアさながらな心境であるような感じさえしてくるのです。その情勢の中で、男性である自分がいかにして患者に満足のいく看護をしていくことができるのかを手探りで探していく日々を余儀なくされていきますが、そうした日々の中でも自分の居場所を見つけていき、性別に囚われることのない活躍を場を拠点として様々な功績を残せるように努力していくわけです。

看護の社会で働いて初めて見えてくる様々な紆余曲折を経て、洗練された看護師として広大なフィールドを駆け抜ける日が来ることを切実に願いながら就活をしている方は、まだ見ぬ挫折や困難をものともしない強靭な精神力で活路を見いだしていきたいという気持ちを携えていくのです。医療や看護の充実が、私たち国民の健康を保障していく拠り所となっていき、その充実を図るために看護の卵が誰もが安心して暮らせるような社会をつくるのだという夢を持って就活に励んでいただきたいと考えているのです。看護の社会につながる扉に向かっていく姿勢が、明日の未来を創造していくのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>