戦いを放棄した戦士のように

今まで病院で仕事をしていたけれど、退職して新たに就活をしていこうと考えたときに、どこかいい所がないかということで、コネを使って自分の好みの病院へ入職できるように手を尽くそうとすることも往々にしてあるでしょう。

一方で、「コネでやすやすと苦労もせずに入職を狙うなんて人の道に外れていて抵抗がある」とおっしゃる方もいて、間接的な働きかけで事がうまく運ぶようにすることをためらわずにできるかによって、自分の希望する病院で仕事ができるといっても過言ではないといえます。しかし、コネを使うのは基本的に邪道ともいえる手段であることから、自分が悪魔に魂を売った卑しい奴なんだ、というくらいに開き直る度胸があることで、魔が差したことにも何一つ顔色を変えることなく堂々としていることがうかがえてくるのです。た、コネを利用することは、社会のレールの上を歩かずにいけしゃあしゃあと雲の上をヘリで下界の様子を眺めるかのような余裕の態度を見せている心境に例えられて、周りの人から「正々堂々とみんなと同じ土俵で就活をしないで良心が痛まないのか!」という文句が聞こえてきそうです。

自分さえ良ければ何したっていいんだ、という持論を展開していき、コネによってとんとん拍子で世の中を渡り歩こうとする方が、無駄に使った分の税金を国民から徴収する政治家のようなロクでなしと重なる部分を感じさせるのです。故に、「本当にこんなことが世の中で許されるべきなのか?コネで社会の情勢を乱そうとする問題に対してもっと向き合うべきではないのか?」という危機感を抱く方がいても不思議ではないと思うのです。
 
コネでの入職という噂は、本人が思っている以上に広まっていくものであり、友人からこの病院を紹介してあげてるんだからという理由で、こちらが希望する条件などを病院に提示しづらいということも実際にあるようです。後に紹介するサイトのように、看護師が足りてない現状を変えるために、あえて中途半端な人材を入職させたくないということで、コネを了承しないという病院があっても不思議ではないと思うのです。それでも、コネで病院に入職しようとする方全てが就職試験で適性を図ることが建前上で行われるだけで、面接を受けた人の実力を「どうせ入職させるんだから試験の結果なんて確認したって無駄だし、その人の適正云々なんて知ったことじゃない」という理由で推し量らなかったとしても、必ずしもコネで試験にパスした人が不確実な看護をするわけではないということを肝に銘じることも大切となるのです。

どんな口利きであれ、噂はすぐに消えます。仕事の対する姿勢が真摯であれば、コネで入った噂なんてなんてことないのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>