最初のラウンドを制するために

病院で、優秀な看護師を採用する上で、書類選考を実施している所もあるでしょう。

書類選考は一言でいえば、多くの応募者をふるいにかけるための選別方法であり、そのふるいによって排除された方にとってはショックに感じるでしょうし、面接さえもしてくれないのに書類だけでいとも簡単に門前払いを食らうなんて信じられないと思うことは致し方ないことです。例えて言えば、好きな人に告白する際に、自分のことをよく知りもしないのに、相手から自分のタイプではないからだという理由で告白してきた人を振ってしまうような境遇と酷似しているように感じてくるのです。しかしながら、アイドルの選考などでも狭き門を制するのは自分だと信じて疑わない大勢の子がこぞって書類選考が通るように自分の良いところを余すことなく書き連ねていく光景がある故に、応募者を最初から一人ひとり面接をしていくことで多くの時間と労力を注いでしまう無駄を省く上ことは致し方ないことなのです。
 
就活の際に、書類選考という第一関門を乗り切るには、以外にも自分の姿を写した顔写真が大きなウェイトを占めている場合もあるのです。証明写真を撮ってもらう際に、どうしたら見栄えの良い表情になるのかを写真を撮るプロの人からアドバイスを頂いて、採用担当者に対して、いかにも「私を採用してください、この明るい表情で職場全体をも明るくして、貴社に貢献できるように頑張っていきます」というメッセージを伝えていくことになるのです。その顔写真を効果的なものに仕上げていくための元となる自分の顔を、誰が見ても気持ちが良い印象を与えられるように借金をしてまで多額のお金をかけて整形をする方がいるかもしれません。

世の中は見た目だけで決まるわけではありませんが、自分がこの病院にどうしても受かりたいという気持ちが強いばかりに、顔を整形するという飛躍した行動に出てしまうこととなるのです。そして、自分の思惑通りに生まれ変わった自分の顔を見るや否や、「この顔ならば、誰が見ても自分のことを認めてくれるだろう」という信じられないような自信で顔写真の撮影に臨む姿勢が見て取れるようです。更に、その顔写真を張り付けた履歴書を通して、「これで自分の合格は確信に満ちたものになる、結果が待ち遠しいな」という期待感を膨らませていくわけです。そうした人がいる限り、自分の顔を変えようとする方が途絶えることがないのであり、韓国のような整形大国があることから、整形をすることが社会で生きる上での生命線として捉えている方が少なくないのです。

整形は極端な例ですが、健康そうな肌づくり・髪の色を染めたり・一夜限りのダイエットをしたり、誰だって第一印象の高感度を和えたくて努力します。容姿で悩みがあるなら、「こんな私ですが笑顔には自信があります!」と胸をはって面接に望んでほしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>